不動産の仕事に興味がわいた私は・・・|求人の魅力と転職のきっかけを与える。chartres2012.com

不動産の仕事に興味がわいた私は・・・

私は住宅販売に興味がありましたが、転職活動の時にいつも接客の経験がないので不動産業界で働くことが出来ないと思っていました。ある日、求人情報誌を探していると不動産業の販売は未経験者でも応募が可能で初任給も一般の大卒者と変わらないお給料でした。ですが、私の中で不動産業は宅地建物取引主任者の国家資格を持っていないと仕事が出来ないのではないかと思っていました。求人項目には必要な資格は書かれていませんでしたし、スタッフのコメントや職場の動画映像でも未経験者や資格はいりませんという情報をみたので求人応募をしました。
不動産業の転職活動は初めてで、面接で宅地建物取引主任者の資格のことを聞くと、その資格はお客様の取引の時に説明をする時に使う資格で、不動産販売をする時に誰かひとりが持っているだけでいいことを聞きました。私は前職で塾の生徒指導のアルバイトをしていたので、宅地建物取引主任者の資格の勉強をしてお店に貢献しますと言いました。
後日に応募した会社から採用の通知が来て、不動産業の転職に成功しました。職場のスタッフの皆さんの中には資格を持っていない方もおられましたが、今度の社員全員で勉強会をするそうで、求人広告に映っていた先輩方と勉強会をすることになりました。

chartres今週のおすすめ情報