「見極めが難しい」について|求人の魅力と転職のきっかけを与える。chartres2012.com

「見極めが難しい」について

「見極めが難しい」に対しての詳しい内容。

もう介護の仕事を始めて何年にもなります」。最初は母のお手伝いで覚えた技術をそのまま仕事に活かしたいと軽く思ったのが始めでした。無我夢中でしていたから分からなかったのか分かりませんが、要介護レベル等は全く関係なく対応していました。ヘルパー2級から介護職員初任者研修へと名前が変わりましたが対応ができる要介護レベルは変わっていません。介護施設にケアマネージャーや長く多い経験を持つ介護士の人がいれば判断をしてもらいやすいのですが、経験が足りない人間には判断基準を作って欲しいと思います。一石二鳥の様に見極めることが出来る機械などの設置をお願いした。

 

それについての返事

この見極めについては、多くの意見が出ています。要介護レベルを1~5段階の5段階に分けているが、どの段階にどういう人が入るのかの明記を詳細に書いた場合に予期せぬことが起こる可能性が出てきます。その対象者達への差別である。こういうことが簡単に予想されたのたので、見極めも少しあいまいな感じでしているのです。あいまいな感じが決していいという分けではありませんが、全てのことを白か黒かで判断する事は出来ないと思います。見極めはしなければいけないのですが、してはいけない部分もあるのです。要介護レベルによって払う保険などの料金も違うからです。

chartres今週のおすすめ情報